国立大学法h 岡山大学 プレわVリー?/title> <description>岡山大学の公式サイト?/description> <link>http://www.kellieweeksart.com/</link> <dc:date>2021-04-22</dc:date> <items> <rdf:Seq> <rdf:li rdf:resource="http://www.kellieweeksart.com/tp/release/release_id822.html" /> <rdf:li rdf:resource="http://www.kellieweeksart.com/tp/release/release_id824.html" /> <rdf:li rdf:resource="http://www.kellieweeksart.com/tp/release/release_id823.html" /> <rdf:li rdf:resource="http://www.kellieweeksart.com/tp/release/release_id825.html" /> <rdf:li rdf:resource="http://www.kellieweeksart.com/tp/release/release_id826.html" /> <rdf:li rdf:resource="http://www.kellieweeksart.com/tp/release/release_id828.html" /> <rdf:li rdf:resource="http://www.kellieweeksart.com/tp/release/release_id827.html" /> <rdf:li rdf:resource="http://www.kellieweeksart.com/tp/release/release_id821.html" /> <rdf:li rdf:resource="http://www.kellieweeksart.com/tp/release/release_id819.html" /> <rdf:li rdf:resource="http://www.kellieweeksart.com/tp/release/release_id818.html" /> </rdf:Seq> </items> </channel> <item rdf:about="http://www.kellieweeksart.com/tp/release/release_id822.html"> <title>定例a者発表(4月)開催 http://www.kellieweeksart.com/tp/release/release_id822.html  本学??2日、教肌Ӄ研究d療の成果や社会貢献の取りiみなどをお知らせする定例記者発表を行いました?  今回の発表・お知らせ事項は下aのとおりです? 1. 械学習(Sparse解析)とゲノムR集を活用した抗ウイルスzL物質の増産   &#65374;眠れる宝の山Q核酸系抗生物質の社会実装を目指?amp;#65374; 2. 大学院ヘルス゗テムi合U学研究U設|3周年   文理融合d工連携で社会貢献を目指し、学術雑誌『箔合科学』を創刊Q  3. ロボット支援下膵切除?E類Qロボット支援下膵頭十二指腸   切除術・ロボット支援下膵体尾部切除術Qの保険a療を導? 4. 岡山と世界をJぐ「無腸動物」の不思議Q?   &#65374;ナイカイムチョウウズムシの環境応{機構の解明&#65374; 【資料提供? 1.公開 わVヹ{ 2.公開 ?amp;#65374;考えられぇ。プラスチックごѝの付き合い方 3.公開 岡大ピオヹ{づくり名人をめざそう 4.「おかやまSDGsアワヹ{2021」募集を開始 5.涙腺IgG4関連疾患のIgG4血液検柅Rよるi過覛_ 6.q少期のテレビ視聴は学童期の視力低下につなが? 詟끗い記者発表の資料についてはこちらをご覧ください? 【本件問い合わせ先? R務M画部広報? Q電話)086-251-7292 2021-04-22 涙腺IgG4関連疾患のIgG4血液検柅Rよるi過覛_ http://www.kellieweeksart.com/tp/release/release_id824.html ◆発表のポイミ냈岡山大学病院眼科ではぶどう膜炎(眼炎症)ȝ腫瘍の専門外来を設けて、眼Uの中でもまれな疾患である炎症や腫瘍の診断やȝをいろいろなa療Uと連携して行っています。涙大をきたす炎症性疾患としてIgG4関連疾患があり?012qにそのa断基準が公表されて末梢血IgG4値を測定することが保療で可能になりました。過?0q、涙大をきたしIgG4関連疾患とa断され?人の患者で末梢血IgG4を測定しi過を診た結果を内科、病理診断科、放線Uと共同でまとめました。 岡山大学学術研究院ヘルス゗テムi合U学学域Q医Q生体機能再生再建医学分野の村ְ俊R教授は、岡山大学病院眼Uでぶどう膜炎(眹{炎症疾患QやD瘍の門外来を行っています。その中で?009&#65374;2020qに受診し、涙大をきたし「IgG4関連疾患」とa断され?人のi過を調柅Rました。経過中、多くの患者で末梢血のIgG4値が上昇しますが늫に上昇しない限りは全w的に病変を来すことはないのですが、高度に上昇してきた場合は全wのリンパ腫を考える必要があることがわかりました?  本研I成果は令和3q??8日、日本リミ냑E内pd会の関誌「Journal of Clinical and Experimental Hematopathology」に掲載されました。目の炎症や腫瘍はまれな疾患で患者数も少ない「希疾患」であり、今回のhi過に関する知見は、今後のȝ斚wの決定などに役立つと考えらえます。◆研究者からのがӁこと 岡山大学病院眼科ではぶどう膜炎(眼炎症)ȝ腫瘍や小児眼Uの門外来を長q担当しています。ぶどう膜炎や眼腫瘍は頻度が低いまれな疾患「希疾患」なので、どのような疾患なのか、どのようなi過をたどるのか、どのようなȝがよいのかという疾患単位や標準治療が立していないのが現状です。いろいろなa療Uと連携する大学病院の専門外来という立場をzRして多くの患者様を診療する機会にcれたことでさまざまなことが分かってきました。今後の患者様斏Vȝに活かしていきたいと思います。松教? ■論文情? 論文名: Follow-up with serum IgG4-monitoring in 8 patients with IgG4-related disease diagnosed by a lacrimal gland mass. ??紙:Journal of Clinical and Experimental Hematopathology 2021;61(3):10-21. 著  者:TToshihiko Matsuo, Takehiro Tanaka, Yasuhiro Sato, Hitomi Kataoka, Mayu Uka, Daisuke Ennishi, Tomofumi Yano D O IQhttps://doi.org/10.3960/jslrt.20048 U R LQhttps://www.jstage.jst.go.jp/article/jslrt/61/1/61_20048/_article/-char/ja QIgG4関連疾患に関するこれまでの論文Q? 論文名: Immunoglobulin G4 (IgG4)-positive or -negative ocular adnexal benign lymphoid lesions in relation to systemic involvement. 掲載誌: Journal of Clinical and Experimental Hematopathology 2010;50(2):129-142. 著  者: Toshihiko Matsuo, Kouichi Ichimura, Yasuharu Sato, Yasushi Tanimoto, Katsuyuki Kiura, Sou Kanazawa, Toshiaki Okada, Tadashi Yoshino DOIQ?https://doi.org/10.3960/jslrt.50.129 U R LQ?https://www.jstage.jst.go.jp/article/jslrt/50/2/50_2_129/_article Q詳しい研究内容についてQ? 涙腺IgG4関連疾患のIgG4血液検柅Rよるi過覛_ Qお問い合わせ> 岡山大学学術研究?ヘルわVわVム箔合科学学域(医) Q岡山大学病院眼U) 教授 村ְ俊R Q電qP086-235-7297Q眼U医局Q?/description> 2021-04-22 q少期のテレビ視聴は学童期の視力低下につなが?/title> <link>http://www.kellieweeksart.com/tp/release/release_id823.html</link> <description>◆発表のポイミ냈厚生労働省が行う一般箔a調柅Rして?1世紀Z児縦断調柅Rがあります。これは、全国で2001q??0?amp;#65374;17日および7?0?amp;#65374;17日に出生した子供47,015人を対象として毎q調ȝを送って回{してもらう調査です。岡山大学では疫学・衛生学分野のD貴志教授が中心となって、この?1世紀Z児縦断調柅Rのデーѝzȝしてさまざまな解析研Iを行っています。今回の研究では?.5歟?.5歟끮時にテレビをh間見ていると、その後、小学生になったときに視力が低下することと関連することがわかりました。 岡山大学学術研究院ヘルス゗テムi合U学学域Q医Q生体機能再生再建医学分野の村ְ俊R教授は、岡山大学学術研IL薬学域(医)疫学・衛生学分野の頼藤貴志教授と共同で?1世紀Z児縦断調柅Rデーѝѝて、幼時のテレビ視聴とその後の小学生時(学?q?amp;#65374;6q_の視力低下との関連をѝました?.5歟끨2.5歟끮時に「主な遊た끌テレビを見ること」である子供は、その後学生になった時に「視力が悪くなった」という親の悩みと関連があることが分かりました。また?.5歟끮時のテレビを見る時間が長い場合にも、小学生時に視力が悪くなることと関連がありました。なお?.5歟?.5歟?.5歟끧はテレビを見る時間が镗ても、小学生時に視力が悪くなることと関連はѝれませんでした?  本研I成果は令和3q??6日、日本眼U学会の国際関誌「Japanese Journal of Ophthalmology」に掲載されました。視覚が発達する3歟끾では、テレビ視聴が長くならないように牏V注意することが大切と思います。◆研究者からのがӁこと 岡山大学病院眼科ではぶどう膜炎(眼炎症)ȝ腫瘍や小児眼Uの門外来を長q担当しています。保健所と連携して3歛_健康審査での視力検査や屈折検柅Rついても調査してきました。幼期のテレビ視聴がどのような影響をその後の視力に及ぼすかの研Iはこれまでなかったのですが、疫学が門の頼藤教授と共同?歟끾でのテレビ視聴は学生時の視力低下(おそらくは近視によるQと関連があることを初めて明らかにできました?歟끾ではお子様がテレビなどをh間見ないように気を配ってくださいますことをおい致します。松教?td&gt; ■論文情? 論文名:Television watching in the early years of life and the association with parents?concerns about decreased visual acuity in their elementary school aged child: results of a nationwide population based longitudinal survey of Japan. ??紙:Japanese Journal of Ophthalmology 著  者:Toshihiko Matsuo, Takashi Yorifuji D O IQhttps://doi.org/10.1007/s10384-021-00831-x U R LQhttps://link.springer.com/content/pdf/10.1007/s10384-021-00831-x Q詳しい研究内容についてQ? q少期のテレビ視聴は学童期の視力低下につなが? Qお問い合わせ> 岡山大学 学術研究?ヘルわVわVム箔合科学学域(医) Q岡山大学病院眼U) 教授 村ְ 俊R Q電qP086-235-7297Q眼U医局Q? </description> <dc:date>2021-04-22</dc:date> </item> <item rdf:about="http://www.kellieweeksart.com/tp/release/release_id825.html"> <title>岡山と世界をJぐ「無腸動物」の不思議Q?amp;#65374;ナイカイムチョウウズムシの環境応{機構の解明&#65374; http://www.kellieweeksart.com/tp/release/release_id825.html ◆発表のポイミ냈瀬戸内vのごく限られた自然v岸に生息している無腸動物Q腸が無い!Qの一Eであるナイカイムチョウウズムシの刺Ȁ受容応答構の一端を明らかにしました。本Eの孵化後発達段階における重力感知機能の獲得に,q胞(ヒトの内耟끫相当Qと経pR発達が重要なカギになることをCしました。現在,刺激受容の分子機構の解析を逌ӂています。近^種として地中vと北cx岸でその生息がされています。今後はQ各E間の生理機能と生息環境の違いを指標としてロヹ{ルとグロヹ{ルをJぐ共同研究に広げていく予定です。 岡山大学学術研究院教育学域(理科教育Qの安藤元紀教授と大学院環境生命U学研究U博士課Eの坂上M大学院生の研IグループはQ無腸動物に備わる^衡胞と神i系の同時三ơ元的解析を可能とする新しい手法を開発しQ本Eの重力感知に関わる刺激受容応答構の一端を明らかにしました。これらの研I成果は4?日,国際誌「Zoomorphology」(Springer NatureQのd版に掲載されました?  無腸動物は左右相U動物でありながら,脟냻肛門M腔をƠ損する体制を有し,pȝ進化学的に注目を集めています。本研究で用いた無腸動物の一E「ナイカイムチョウウズム゗は瀬戸内v沿岸の限られた自然v岸に生息しています。一般にはほとんど知られていません。本研究ではQ本Eに備わる重力走性獲得過Eおよびq胞(重力感知器官Qとそれを制御する神i系との関係を調べ,孵化後発達段階において重力走性能が獲得されることQその間q胞の構成細胞が変化すること,およた끓れまでに報告の無い神i経路が存在することを明らかにしました?  予備調査研究からQ哺乳類で機能する機械刺Ȁ受容に関する候補分子が既に数E類見つかっており,珑֜その発現部位の解析を逌ӂています。今後の本研Iの進展により,左右相称動物の^衡覚のv源にqる分子構の解明が期待されます。◆研究者からのがӁこと 大学院生の坂上さんを中心に研I室一丸となって取り組んできた研究成果をやっと報告することができました。ナイカイムチョウウズム゗瀬戸内v固有Eです。瀬戸内vに機軸を|きつつQ近^種の研Iを逌ӂている国内外の研I者と連携を逌ӂていく予定です。無腸動物を通して,世界と岡山のまれな自然環境の維持・保全にも貢献できればと考えています。安?教授 ■論文情?  ??名:Structural analysis of the statocyst and nervous system of Praesagittifera naikaiensis, an acoel flatworm, during development after hatching.  ??紙:Zoomorphology  ?  者:Tosuke Sakagami, Kaho Watanabe, Risa Ikeda and Motonori Ando  D O IQ?0.1007/s00435-021-00521-9  U R LQhttps://link.springer.com/article/10.1007/s00435-021-00521-9 Q詳しい研究内容についてQ? 岡山と世界をJぐ「無腸動物」の不思議Q?amp;#65374;ナイカイムチョウウズムシの環境応{機構の解明&#65374; Qお問い合わせ> 学術研究院教育学域(理科教育Q? 教授 安藤 元紀 Q電qP086-251-7753 QFAXQ?86-251-7755 QURLQhttps://edu.okayama-u.ac.jp/~rika/cell_physiology/index.html 2021-04-22 ロボット支援下膵切除?E類Qロボット支援下膵頭十二指腸切除術・ロボット支援下膵体尾部切除術Qの保険a療を導?/title> <link>http://www.kellieweeksart.com/tp/release/release_id826.html</link> <description>◆発表のポイミ냈2020q?月より、肝胆膵領域において新たにロボット支援下膵切除術Qロボット支援下膵頭 十二指腸切除術および膵体N切除術)が保険適用となりました。岡山大学病院肝・胆・膵外科では、保療に合わせて2020q?月から、中国四国地斏V初めて「ロボット支援下膵頭十二指腸切除術」を開始しました?021q?月からは「ロボット支援下膵頭十二指腸切除術」および「ロボット支援下膵体N切除術」の保険a療を開始します。 岡山大学病院 肝・胆・膵外Uでは?020q?月に肝胆늖患に対してロボット支援下膵切除術Qロボット支援下膵頭十二指腸切除術および膵体N切除術)が保険適用となったことを受け?020q?月より中国四国地斏V初めて「ロボット支援下膵頭十二指腸切除術」を開始しました?  保険a療としてロボット手術を行うには一定の施設基準を満たす必要があり、これまで岡山大学病?肝・胆・膵外Uでは、高木弘誠助教(臓器ULȝゅRѝQ、楳田祐三准教授Q岡山大学学術研IL薬学域)を中心に、ロボット支援下膵頭十二指腸切除術の保険適用施設を目指して、症例を重ねてきました?  現時炏Vロボット支援下膵頭十二指腸切除術を行っているのは、中国四国地斏Vは岡山大学病院のѝあり?021q?月からは「ロボット支援下膵頭十二指腸切除術」および「ロボット支援下膵体N切除術」の保険a療を開始します? Q詳しい研究内容についてQ? ロボット支援下膵切除?E類Qロボット支援下膵頭十二指腸切除術・ロボット支援下膵体尾部切除術Qの保険a療を導? Qお問い合わせ> 岡山大学病院 肝・胆・膵外U? 教授 八木 孝仁 岡山大学学術研究院医歯薬学域Q医Q? 准教授 楳田 三 岡山大学病院 臓器ULȝゅRѝ 助教 高木 弘誠 Q電qP086-235-7257 QFAXQ?86-221-8775 QURLQhttp://www.ges-okayama-u.com/ </description> <dc:date>2021-04-22</dc:date> </item> <item rdf:about="http://www.kellieweeksart.com/tp/release/release_id828.html"> <title>械学習(Sparse解析)とゲノムR集を活用した抗ウイルスzL物質の増産&#65374;眠れる宝の山,栔RpL生物質のC会実装を目指す&#65374; http://www.kellieweeksart.com/tp/release/release_id828.html ◆発表のポイミ냈攄菌Streptomyces incarnatusが生産する核酸系抗生物質゗フンギンはSARSゟ냭ナ,デング熱Q猫ヘルペスなど人畜感染ウイルスの細胞内増殖をDく抑制します。しかし生産量が極微量であるために社会的に活用されていません。本研究ではQ機械学Sparse解析で設aした変異コヹ{を放R菌の転写装|に入するれӃム編集技術を立することにより,抗ウイルス薬゗フンギンの増産技術を開発しました。抗ウイルス抗生物質は数多くの文献に報告されていますが,医薬品として実用化されたものは皆無です。本研究による遺伝子覚醒技術は抗ウイルス薬を社会で利用する路を切り開きます。 岡山大学学術研究?環境生命U学学域の田村 隆教授と山本倫生准教授,坂本 亘教授,および京大,東大Q神戸大などの共同研IグループはQ抗ウイルスzL,抗原虫活性,抗真菌活性を持つ栔RpL生物質シネフミ낮ミ끮増産技術を開発しました。シネフミ낮ミ끯発酵生産にかかわる遺伝子が休眠状態にあり,極微?&lt; 2 ppm)しか生産されません。そこでZ子発現のボトルネックである転写装|RNAポリメラヹ{(RNAP)をQ意に改変できるゲノムR集技術を開発しました。次にRNAPの突然変異効果の文献デーѝアミノ酸パラメータAAIndexに参照してSparse解析を行い,械学習に基づく多重変異ゟ냼ドをa計しました。ゲノムR集技術を用いて変異導入した結果,高生産株が得られました。さらに量子化学a算により変異導入箇所はRNAPの内部アミノ酸残基とmRNAのDい相互作用がCされ,今後の変異設aに利用できる新知見が得られました。これらの成果は令和3q??0日、日本o芸化学会英文誌Biosci. Biotechnol. Biochem.に掲載されました。本研究成果はウイルҎ染症の治療薬として期待されながらC会的にまったく利用されていない栔RpL生物質の実装化にく重要なv炏Vなると期待されます。◆研究者からのがӁこと「抗生物質はウイルスには劏Vない。」と世間一般には言われていますが,ウイルスの増Dを抑え边{抗生物質の報告が多数あります。これら栔RpL生物質はウイルスが特異的に持つ代シわVムや늴反応を阻実끙る選択毒性を発揮します。私は^?qに本学農学部助手に着仅Rて以来,栔RpL生物質の増産研究に取り組んできました。核酸系は突然変異株の選抜をJりqす通常の微生物育種では増産が困難でしたが,本研Iにより転写装置の改変という新しい手法を開拓しました。眠れる宝の山をC会的にzȝすることを本学におけるSDGs課題として取り組んでいます? ■論文情? 論文名: Multiple mutations in RNA polymerase β-subunit gene (rpoB) in Streptomyces incarnatus NRRL8089 enhance production of antiviral antibiotic sinefungin: modeling rif cluster region by density functional theory ??名: Streptomyces incarnatus NRRL8089のRNAポリメラヹ{βcユニットZ子rpoBの複数の変異は,抗ウイルҎ生物質sinefunginの産生を増Dします:密度汎関数理論によるrifクラわVー領域のモデリン? 掲載誌: Bioscience, Biotechnology &amp; Biochemistry (Oxford University Press出版) 著者: Saori Ogawa, Hitomi Shimidzu, Koji Fukuda, Naoki Tsunekawa1, Toshiyuki Hirano, Fumitoshi Sato, Kei Yura, Tomohisa Hasunuma, Kozo Ochi, Michio Yamamoto, Wataru Sakamoto, Kentaro Hashimoto, Hiroyuki Ogata, Tadayoshi Kanao, Michiko Nemoto, Kenji Inagaki, and Takashi Tamura DOIQ? https://doi.org/10.1093/bbb/zbab011 Q詳しい研究内容についてQ? 械学習(Sparse解析)とゲノムR集を活用した抗ウイルスzL物質の増産&#65374;眠れる宝の山,栔RpL生物質のC会実装を目指す&#65374; Qお問い合わせ> 岡山大学学術研究院環境生命科学学域(Ԍ 教授 田村 ? Q電qP086-251-8293 QFAX番号Q?86-251-8388 2021-04-22 大学院ヘルス゗テムi合U学研究U設|?周年 文理融合d工連携で社会貢献を目指し、学術雑誌『箔合科学』を創刊Q?/title> <link>http://www.kellieweeksart.com/tp/release/release_id827.html</link> <description>◆発表のポイミ냈文理融合d工連携の「箔合科学」という新たな学問領域の創出と発展を目指した学術雑誌『箔合科学』が2021q??1日に創刊されました。ヘルス゗テムをEる諸課題を解決するための研究成果を発信し、「箔合科学」のあり斏Vついてさらなる考究・討議する場としたいと思います。 文理融合d工連携の「箔合科学」という新たな学問領域の創出を目指して、岡山大学に大学院ヘルス゗テムi合U学研究Uがa置されてから本q? 月で3 qがi過しました。その間ヘルわVわVムを巡る諸課を解決するための研Iが進展するとともに、「箔合科学」のあり斏Vついての模烦がなされてきました。それら研究成果を発信し、「箔合科学」のあり斏Vついてさらなる考究・討議するために本誌が誕生しました?  創刊受は、「『底』への超と『私と汝』」、「パミ냇ミックへの備えとしての医療資材の循環備蓄Qモデル化と゗ュレヹ{ョン」、「ビジネわVヹ{Qしまなみv道の覛_資源化」、「看護場面における確認不낒引き赗す要因の認識に関する検討」、「遠隔での見守りのための器ヅRヹ{わV調査と訪問看譗の利用を惛_した分類」といったヘルス゗テムをEる多様な視からの論文が掲載されています。大学附属図曔Rのリポジトリからダウンロードして読むこともできますので、是非ご一読ください?  『箔合科学』は開かれた学術雑誌です。ヘルス゗テムに関連した研I成果の投稿を広く募集しています。是非、ご投稿ください。◆研究者からのがӁこと新型ゟ냭ナ禍での投稿規程の策定からというス{からの出発でしたが、編集委員会のメミ냐ヹ{はじめとする関係各位のご協力のもとなんとか創刊にこぎ着けることができました。この場を借りておC申し上げます。投E募集中です。吉葉教? ■雑誌情?  ??名:i合U学  ??者:岡山大学大学院ヘルス゗テムi合U学研究U?  I S S NQ?436-3227 Q詳しい内容についてQ? 大学院ヘルス゗テムi合U学研究U設|?周年 文理融合d工連携で社会貢献を目指し、学術雑誌『箔合科学』を創刊Q? Qお問い合わせ> 岡山大学学術研究院ヘルス゗テムi合U学学域 教授 吉葉 恭行 Q電qP086-251-7440 </description> <dc:date>2021-04-22</dc:date> </item> <item rdf:about="http://www.kellieweeksart.com/tp/release/release_id821.html"> <title>脟끮免疫細胞ミクログリアが温度を感じて動くメカニズムを解?/title> <link>http://www.kellieweeksart.com/tp/release/release_id821.html</link> <description>自然U学研究構 生理学研I所 自然U学研究構 生命剉|探究ゅRѝ 岡山大学  ミクログリアは中枢神iにあるグリア細胞の一つで、中枢の免疫担当細胞として知られています。ミクログリアが温度依存的にzdすることは知られていましたが、そのメカニズムは分かっていません。今回、自然科学研I機?生理学研I所Q生命創成探Iセミ낿ヹ{富永真琴教授は、西本れい岡山大学病院集中治療部dQ現岡山大学d部客員研I員Q、鍋倉柩一生理学研I所所镗Derouiche Sandra元特d教、江?圭助教(珑֌里大学医学部師Qらとの共同研究で、脳のミクログリアがTRPV4と呼ばれるイオンチャネルによって温度を感じて動くことをマウスにおいて明らかにしました。脳内の温度を制御したりTRPV4の活性化剤を使用したりすることでミクログリアの運動をゟ냳トロヹ{して脟끮ダメージからの回復を早めることができると推定されます。本研究i果は、Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of AmericaQPNASQのオンライン版?021q??9日の週に掲載されます。(日本時間2021q??0日午?時解) ■論文情p ?名:Thermosensitive TRPV4 channels mediate temperature-dependent microglia movement.??紙:Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of AmericaQPNASQ著  者:Rei Nishimoto, Sandra Derouiche, Kei Eto, Aykut Deveci, Makiko Kashio, Yoshitaka Kimori, Yoshikazu Matsuoka, Hiroshi Morimatsu, Junichi Nabekura, Makoto Tominaga ○図1に関して、こちらから動画をご覧いただけます? Q詳しい研究内容についてQ? 脟끮免疫細胞ミクログリアが温度を感じて動くメカニズムを解? お問い合わせ? Q研Iについて> 自然U学研究構 生理学研I所 細胞生理研究部門 教授 富永真琴 Qとѝが まこと) Q広報に関すること> 自然U学研究構 生理学研I所 研究力D化戦略室 email: pub-adm@nips.ac.jp </description> <dc:date>2021-04-20</dc:date> </item> <item rdf:about="http://www.kellieweeksart.com/tp/release/release_id819.html"> <title>光化学系IIの立体構造をクライオ電顕で高_ֺに決?amp;#65374;生体内環境にqい状態での分子構造決定に光明&#65374; http://www.kellieweeksart.com/tp/release/release_id819.html 岡山大学 {L大学 理化学研I所 ◆発表のポイミ냈光合成過Eで水分子を分解して酸素分子を放出する反応を触媒する光化学系IIの立体構造を、クライオ電子顕微鏡Q電)で高_ֺに決定しました。その構造から、タミ냑ク質分子はクライオ電観察の際に照射される電子線により損傗受けるが、電子線量を調節することで損傗大幅に減できることが明らかになりました。これらの研I結果は、すくVの生体分子の損傷の無いクライオ電構造を決定するための指標となります。 岡山大学異分野基C科学研I所の加藤公児特d教授、中島芳樹特d教、秋田総理准教授、沈Z教授、筑波大学の宮崎直幸助教、理化学研究所の濵口祐研究員、米倉功沅Rループディレクタ|東北大学 多元物質U学研究所を兼任)らの共同研究グルヹ{は、クライオ電子顕微鏡を用いて、シアノバクテリア由来光化学pIIの構造を1.95 ÅQ? Å = 1×10?0 mQの解像度で高精度に決定しました。得られた構造は、クライオ電観察の際に照射される電子線により、損傗受けていました。そこで注意深くdR量を調することで、損傗大幅に減させ、且つ高_ֺを保った構造が得られました。この構造はXR結晶構造解析で解析されたものと似していましたが、より生体内に近い状態を反映する特徴を持っていました。本研究成果は、日本時??2日(月)19:00Q英国時間:22?0:00Q、英国のU学雑誌「Communications Biology」に掲載されました?  この研究成果は、クライオ電観察の際に用いられる通常の電子線量ではタミ냑ク質に損傗与えており、損傗回避するためにはdR量をどのぐらい減少させる必要があるかを決定するための指標となります? ◆研I者からのがӁことこの研究は生化学的なѝパク質試料調製法、最先端装置と構造解析法を駆ѝて、はじめて達成することができました。研I成果をするまでには多くの困難がありましたが、共同研I者の皆様、研I室メンバーの協力により得られた成果です。加藤特d教授 ■論文情p ?名:“High-resolution cryo-EM structure of photosystem II reveals damage from high-dose electron beams”掲 ?紙:Communications Biology著  者:Koji Kato, Naoyuki Miyazaki, Tasuku Hamaguchi, Yoshiki Nakajima, Fusamichi Akita, Koji Yonekura and Jian-Ren ShenD O IQ?0.1038/s42003-021-01919-3U R LQhttps://www.nature.com/articles/s42003-021-01919-3 Q詳しい研究内容についてQ? 光化学系IIの立体構造をクライオ電顕で高_ֺに決?amp;#65374;生体内環境にqい状態での分子構造決定に光明&#65374; Qお問い合わせ> 岡山大学 異分野基C科学研I所 特Q准教授 加藤 公児 Qかとう こうじ) Q電qP086-251-8630 QFAXQ? 086-251-8502 同上 教授 沈 ZQしん けんじんQ? Q電qP086-251-8630 QFAXQ? 086-251-8502 {L大学 生存ダイナミクス研Iセミ낿? 助教 宮崎 直幸 Qみやざき なおゆきQ? 理化学研I所 攑ְ光科学研Iセミ낿ヹ{利用技術開拓研I門 生体構研究グルヹ{ グルヹ{ディレクѝ c_ 功治Qよねく?こうじ) Q理化学研究所 U技ハブ産連本?バトミ낾ヹ{研究推逌Ӄログラム  理研-JEOL連携ゅRѝ ơ世代電子顕微鏡開発連携ユニット ユニットリーダ? 東北大学 多元物質U学研究所 教授Q? 2021-03-22 ȝ薬を包含した高分子ミゅRの相互作用場を解明!優れた薬物送達のメカニズム理解への新手?/title> <link>http://www.kellieweeksart.com/tp/release/release_id818.html</link> <description>国立大学法h千葉大学 立命大? 国立大学法h岡山大学  千葉大学大学院理学研Iの森??准教授、大学院d薬学府博士課E?qの?子喬 氏、修士課E?qの向出 彩華 氏、大学院薬学研究院の?二?准教授、森?久仁一 教授、立命館大学生命U学部の今村 比呂?助教、岡山大学異分野基礎U学研究所の墨 智成 准教授の研究グルヹ{は、優れた薬物送達作用を持つドラッグナノキャリアとして知られる高分子ミゅRが、治療薬を取り込んだ状態での、シわVム中の相互作用場の解明に成功しました。これにより、従来の技術では困難であったナノキャリア間の集合や分散の状態を正確に把握することができるようになり、シわVムが特徴的にCす徐放性などの薬物送達作用の基本的メカニズムを理解することが可能となりました。本研究で用いた手法は、複雑な環境でのその場観測が可能であり、各E薬物への適用や体内条gでの知見を得ることができるため、今後のドラッグナノキャリアの研Iにおいて、難溶解性薬物の薬理Ҏを高め、治療薬投与におけるw体的精的な負担を軽減する技術の開発などへの貢献が期待されます?  本研I成果に関する論文は?021q??0日にc_化学会誌Nano Lettersにて出版されました? ■論文情p文タイトル:Unveiling Interaction Potential Surface between Drug-Entrapped Polymeric Micelles Clarifying the High Drug Nanocarrier Efficiency雑誌名:Nano LettersDOIQ?0.1021/acs.nanolett.0c03978 Q詳しい研究内容についてQ? ȝ薬を包含した高分子ミゅRの相互作用場を解明!優れた薬物送達のメカニズム理解への新手? 本gに関するお問い合わせ Q研I全般や角XR散乱に関すること> 千葉大学大学院理学研I  田 ? TELQ?43-290-3939  Q薬物送達高分子ミゅRと動的光散ؕに関することQ? 千葉大学大学院薬学研I  ?二? TELQ?43-266-2866   Q理論計に関すること> 岡山大学異分野基C科学研I所  ?智成 TELQ?86-251-7837 </description> <dc:date>2021-03-19</dc:date> </item> </rdf:RDF> <a href="http://www.kellieweeksart.com/">һӰԺֻ߹ۿ-һӰԺ</a> <script> (function(){ var bp = document.createElement('script'); var curProtocol = window.location.protocol.split(':')[0]; if (curProtocol === 'https') { bp.src = 'https://zz.bdstatic.com/linksubmit/push.js'; } else { bp.src = 'http://push.zhanzhang.baidu.com/push.js'; } var s = document.getElementsByTagName("script")[0]; s.parentNode.insertBefore(bp, s); })(); </script> </body>