国立大学法h 岡山大学 トピック?/title> <description>岡山大学の公式サイト?/description> <link>http://www.kellieweeksart.com/</link> <dc:date>2021-05-07</dc:date> <items> <rdf:Seq> <rdf:li rdf:resource="http://www.kellieweeksart.com/tp/topix/topix_id598.html" /> <rdf:li rdf:resource="http://www.kellieweeksart.com/tp/topix/topix_id597.html" /> <rdf:li rdf:resource="http://www.kellieweeksart.com/tp/topix/topix_id596.html" /> <rdf:li rdf:resource="http://www.kellieweeksart.com/tp/topix/topix_id595.html" /> <rdf:li rdf:resource="http://www.kellieweeksart.com/tp/topix/topix_id594.html" /> <rdf:li rdf:resource="http://www.kellieweeksart.com/tp/topix/topix_id593.html" /> <rdf:li rdf:resource="http://www.kellieweeksart.com/tp/topix/topix_id592.html" /> <rdf:li rdf:resource="http://www.kellieweeksart.com/tp/topix/topix_id591.html" /> <rdf:li rdf:resource="http://www.kellieweeksart.com/tp/topix/topix_id589.html" /> <rdf:li rdf:resource="http://www.kellieweeksart.com/tp/topix/topix_id590.html" /> </rdf:Seq> </items> </channel> <item rdf:about="http://www.kellieweeksart.com/tp/topix/topix_id598.html"> <title>エシカルファッションの普及によるSDGs達成への貢献に向け、株式会Cアミ냻ドゥヹ{連携d力に関する協定をR結 http://www.kellieweeksart.com/tp/topix/topix_id598.html  本学??2日、株式会Cアミ냻ドゥー R、共同研Iや人材育成などを通じSDGsの達成に貢献することを目指し、連携d力に関する協定をR結しました?  q年、エ゗ル(倫理的なQ消貅R意識が広がり、アパレル業界においても、環境、労働、社会問に配慮し、良識にかなった素材選定や購入、生産、販壌ӂ行う「エ゗ルファッ゗ミ뀍に注目が集まっています。同Cは、SDGsに積늚に取り組ѝ地域社会に貢献することを目指していることから、エ゗ルファッ゗ミ끮普及を通じてSDGs達成に貢献するため、「SDGs推進研I大学」をビジョンとする本学と連携することとなりました?  今後は本協定に基づき、エコ素材の環境負荷低減Ҏの数値化Mh体に対する安全性のa明などの共同研Iや、同Cの開発者と学生など若い世代がエ゗ルファッ゗ミ끫関する新商品や流通チャネルについてアイディアを出し合うアイディアソンの開催などを行います?  この日行った調印式では、本学の槇野博史学長、同Cの中村二郎代表取締役社镗協定書に|名。調印後、槇野学镗「エ゗ルファッ゗ミ끮普及に協力することで学生にSDGsを自分ごととして捉えられるようになってもらうとともに、岡qのSDGs先進県という評価を固たるものとしたい」、中村社镗「共同研Iや学生との交流を通じて安全・安心d適なエシカル商品を社会に送り出し、エ゗ルファッ゗ミ끮普及につなげ、SDGsの達成と地域zL化に貢献したい」とあいさつしました? L式会Cアミ냻ドゥヹ{つい?  1999q創立のジーミ낺カジュアルメヹ{ヹ{全国の「ファッ゗ミ낻ミ낿ヹ{まむら」でデニム製品などカジュアルパンツを中心に販壌Ӂている?019qには(株)しまむらと共同開発した商品で、デニム製品としては日本で初めて、繊E製品の安全性をCす国際基準「エゟ냆ックわVѝダヹ{100」の認証を取得した。プロサッカヹ{ラブ「ファジアーノ岡山FC」のオフィシャルわVミ낵ヹ{あり、同FCのユニフォームの背中には同社のロゴが表示されていることでも知られている? 【本件問い合わせ先? 研究協力部産学連携? TEL:086-251-8462 2021-04-23 THEインパクトラミ낭ミ낰2021が公表、総合ラミ낭ミ낰で世界トップ200位以内、国内同列1位にランクされました http://www.kellieweeksart.com/tp/topix/topix_id597.html  イギリスの高{教育専門誌「Times Higher EducationQTHEQティーヅRイチヅR|」による「THEインパクトラミ낭ミ낰2021」が??1日にされました。岡山大学は、エミ냈リーした5つのゴール(SDG3 すべての人に健康と福を、SDG9 産業と技術革新の基盤をつくろう、SDG11 住みEけられるまちづくりを、SDG16 q_と公正をすべての人に、SDG17 パートナヹ{ップで目標を達成しよう)のすくVでラミ낯インしました。総合ラミ낭ミ낰では、国?大学Q広島大学、北道大学、京都大学、東北大学、東京大学、筑波大学)と並んで、世界トップ200位内Q?01-200位)、国内同?位にランクされました?  エントリヹ{た全てのゴールが世界ラン?00位以内に入る評Mを受けた中、本学の地域と連携したȝȝサヹ{わV提供zdが特に高く評価され、SDG3では世界90位タイにランクされています?  今回は昨qの768校か?,115校(国内?3校か?3校)と総合ラミ낭ミ낰対象大学数が大幅に増加しました。そのなかで本学は昨q_201-300位)から順調に順位を上げた結果となり、本学のSDGs大学i営の成果が評Mされたものと考えております。今後もSDGs推進研I大学として、「共肌Ӄ共創」でSDGsの取り組ѝ逌ӂて参ります? Q参考> ・THE Impact Ranking 2021 ・THEインパクトラミ낭ミ낰2020における本学のラミ낯についてQ?020q??8日付新着ニュヹ{Q? 【本件問い合わせ先? 岡山大学SDGs推進本部(R務M画部C会連携Ԍ  TELQ?86-251-8374  E-mail:SDGs◎adm.okayama-u.ac.jp 岡山大学IR/IE室(R務M画部大学攚w推進課Q?  TELQ?86-251-8998,7014  E-mail:kaikaku◎adm.okayama-u.ac.jp  ※@を◎に置き換えています? 2021-04-22 誰でもアプリ開発が可能にQ最先端のITツール「ノヹ{ヹ{」について学ぶ、岡山大学ユネスゟ냁ェア特別2021の第1弾を開催 http://www.kellieweeksart.com/tp/topix/topix_id596.html  本学??7日に、株式会CABABAとの共催で、?岡山大学ユネわVチェア特別講?021-『誰でもアプリ開発×SDGs』[W1弾]『ノヹ{ヹ{×SDGsの可能性(最先端のITツールノヹ{ヹ{とはQ?Q』」をオンライン開催しました?  本講座は、最先端のITツール「ノヹ{ヹ{」の概念を理解し、興呟낒もってもらうことを目的としたです。社会v業家を含むhに関心がある斏Vノヹ{ヹ{といったơ世代のITリテラシヹ{DXQデジタルトランわVォーメー゗・Iに興呟끌ある斏VSDGsやDXなどを踏まえた新たなC会課題解決に関心がある斏V向けて開し、約70人がオンライミ끧参加しました?  今回??8日に岡山大学メディアとしてリリーわVれたわVホアプリ「OTD」の開発者であり、「学生v業家の登竜門」として知られるキャミ냑わVミ냁ャーグラミ냗リ(CVGQ全国大会でi済産業大臣賞(最優秀Qを受賞した久保駿貴さんを講師に招き、本を開。久保さんは本学の卒業生で、株式会CABABAをv業し代表取締役社長CEOに就仅Rています?  槇野博史学長が開式のあいさつで、久保さんが岡山大学SDGsアンバサダヹ{一人であったことを紹介するとともに、次世代リーダヹ{力Dく活wする姿を、未来を灯す「明かり」と例え、「本が、地域のzL化を加速させる実践的な人材育成の一層の推逌Ӂつながってほしい」と期待を述くVした?  久保さんによる特別講演では、ノヹ{ヹ{の概要やそのzȝによる地域活性化への貢献について、岡山の企業cトを例に挙げて説明。ノヹ{ヹ{ツールを利用したアプリが、食品廃の削減や業務の効率化、h員削減につながるなど、SDGsとの関連性についても紹介しました。質疑応{の時間では多くの受者より質問があり、活発な意見交換が行われました?  閉講式では??2日より株式会CABABAの外部顧問(SDGsアドバイザーQに׃Qしている横井文上席副学P特命QグローバルヅRミ낲ヹ{メント戦略)担当Q・ユネわVチェアホルダヹ{、本学がESD推逌ӂ目的とするアジアで唯一のユネスゟ냁ェア?007qにa置認可を受けていることを紹介。本学ユネスゟ냁ェアを活用し、DXを活用したSDGsのロヹ{ライズ化Q現地化QによるC会課題解決の推逌Ӂついて話しました。受者からは、ノヹ{ヹ{について、「知らない情報を多く得られた」「全体像が理解できた」「可能性を感じた」などの感想をいただきました?  岡山大学ユネわVチェアは、ノヹ{ヹ{開発ツールをzȝし、SDGs達成に貢献する次世代型のソー゗ル・アントレプレナーQ社会v業家Qの育成を推逌Ӂます? ○本?月以降に、第2弾の開催を予定しています。第1弾で得た知識をもとに、自分で単なホヹ{ページを作れるようになることを目標としています。詳細は決定ơ第お知らせします? ○岡山大学ユネスゟ냁ェアについてはこちら ○ノヹ{ヹ{QNo CodeQと?  ゟ냼ディミ낰Qプログラミミ낰a語を用いてプログラムを記qすること)なしでWebcトやアプリ、業務ツヹ{などを作成する技術を指します。ノヹ{ヹ{のツヹ{をうことで、コヹ{ィングの知識やスキルがなくても、直感的な操作かつ従来より短期間で、Webcトやアプリケヹ{ョンなどを作成することが可能になります? 【本件問い合わせ先? 国際部国際企画課 TEL: 086-251-7048 2021-04-21 岡山大学文明動態学研I所開所式を挙行 http://www.kellieweeksart.com/tp/topix/topix_id595.html  本学はo?q?月?番目の研I所となる岡山大学文明動態学研究所を新aし??4日開所式を挙行しました。開所式には槇野博史学镗高香代理事(企画・評価・R務担当Q、松本直子文明動態学研究所镗教職員約20人が出席しました?  槇野学長は「多様なパートナヹ{ップで文理横断的な研Iの発展、国際的人材交流、地域社会との連携が促逌Ӂれることを期待しています」、松本研I所镗「さまざまな分野の連携により、課解決のp口が見えてくる。文明動態学という新しい学問を全国、そして世界に広げていきたい」と話しました?  本研I所では、考古学、歴史学、h学、経済学、社会学、哲学等のh文社会科学を核とし、本学および国内外諸関の地質学、生物学、化学、物理学、神i科学、情q学等の研I者との緊密な連携のもとに人類文明の来し方・行く末を探求します。社会文化科学研I科附属文明動態学研Iセミ낿|2018q?0月設|)で行ってきたzdをさらに発展させ、過厅Rら未来へ、地域から世界へ、というcつのにおいて、h社会が抱える課を多角的に研究し、国連の「持E可能な開発目標QSDGsQ」を視野に入れながら、持E可能なC会の構に貢献します?  同日、創立五十周q記念館で開催されたキックオフ・゗ポジウム「パミ냇ミックと文明―感染症と向き合う過厅Rら未来へ―」では、長崎大学熱帯医学研I所国際保健学分野の山本太郎教授に「Withゟ냭ナ時代の針儀」をテーマに演いただき、会場およびオンライミ끧?50人が参加しました。ディスカッ゗ミ끧は、世界的な新型コロナウイルスのパミ냇ミックの渦中で、私たちはどこへ向かえばよいのかなど、文明動態のなかの感染症とhの関係から、持E可能なC会をいかにいていくかを考えました? ●キックオフヅRミ냝ジウムの様子はこちらよりご覧いただけます? ●岡山大学文明動態学研究所 【本件問い合わせ先? 岡山大学文明動態学研I所 TEL:086-251-7442 2021-04-15 令和3q度岡山大学入学式及せ_学院入学式、第4回金光賞授賞式を開催 http://www.kellieweeksart.com/tp/topix/topix_id594.html  本学??日、入学式及び、研Iや国際zd{で著な成果を上げた学生に贈る「金光賞」のW?回授賞式を創立五十周q記念館金光ホールで挙行しました?  新型ゟ냭ナウイルҎ染拡大の影響を受け、昨q度はやむを得ず入学式を中止し、代わりに槇野博史学镗らのメッゅRジ動甅R配信。今q度の開催方法についても慎重に検aを重ね、感染リわVを考慮して、新入生代表者と学内関係者のѝ出席とすることとしました?  式典の様子は、YouTubeでライブ配信も行いました。槇野学镗、学部・大学院生ら計3,397人の新入生に向け、旧制第六高{学校校镗黒正巌先生が当時の学生に宛てた「他人の目や常識など気にせずに、自分の責Qにおいて何でもやってѝ、『自由で野生的な_を持つ、洗Rされた知の探究者』であってほしい」というa葉を紹介。「新入生の皆さんには、本学の目的と黒正先生のa葉をしっかりと胸に刻ѝこれからの大学生活において、失敗を恐れず新たな価値創造にチャレンジして頂きたい」と新入生をȀ励しました。新入生を代表して、薬学部の廣井真温さんが宣誓し、「今qは、すくVの新入生の出席はかないませんでしたがQこれから仲間と共に切磋琢磨し、学んでいけることを楽しѝしています」とqべました?  入学式にEけて行った金光賞授賞式では、受賞?1人の中から代?人が出席。槇野博史学镗2人に表嘪状と嘪金目錌ӂ授与しました? ※金光賞は、本?期卒業生で篤志家の金光富hのご厚志によるご寄付に基づき、大学院生および学部学生に授与する賞。大学院生は、主に博士課E・博士後期課程に在学中の学生で、顕著な研究業Dなどを上げた者を対象とし、学部学生は、当該年度の4月時炏V4q生の学生で留学などの国際的な活動に優れ、学業優Uな者を対象とする。各研究U・学部から1名を嘪? 学長式辞の全文はこち? W?回金光賞受賞者一覧はこち? ○本日の式典の様子は、YouTubeでライブ配信を行いました?  アーカイブ動甅Rこちらからご覧いただけます? 【問い合わせ先? d学式について R務M画部R務? TELQ?086-251-7007 ・金光賞授賞式につい? 学都基金事務局Q総務・企画部総務課内) TELQ?86-251-7009 2021-04-02 令和2q度岡山大学学位a等授与式を挙行 http://www.kellieweeksart.com/tp/topix/topix_id593.html  本学??5日、o?q度学位a等授与式を岡山県総合グラウミ냉体育(ジップアリーナ岡山)で行い、学部生d学院生らa?,139人の門出を福しました?  新型ゟ냭ナウイルҎ染症の拡大を受け、o和元q度はやむを得ず式典を中止しました。今q度は何らかのŞでも式典を挙行できればとの思いのもと、保譯の斏V学外者の斏V入場をご遠慮いただき、午前・午後?回に分散して実施し、椅子を1席ずつスペーわVIけて配|するなど、入c感染拡大防止{をとった上で挙行しました?  式では槇野博史学镗、学部・研究UなどのR代22人のうち、代表者に学位a・修了a書を授与。学業成^と人物がともに優れた学生に授与する「岡山大学黒正賞」の受賞?7人を表嘪し、代表者に賞状を贈りました?  槇野学長は式辞で、世界共通の課題に地域で取りiみ、誰一人取り残すことのないより良い未来を構惟끙るための手立てとして、未来のあるくVѝら現在の課題をとらえなおす「バックキャわVィング」などSDGszd?つのわVップを紹介し、「今回のゟ냭ナ禍でもそうですが、大きな苦難に際して人は、どうしても眹{前の課題にどう対応するかに囚われ、集中してしまいます。しかし、変動の時代においては、未来のあるくVѝら今の課の核心に立ち返ることが重要です」とはなむけのa葉を贈りました。卒業生M了生を代表し、午前は教育学部の井村香澄さんと大学院教育学研究Uの野村一道さん、午後は理学部の倉本至さんと大学院自然U学研究Uの矛_貴さんが答辞をqべました?  会場の外では、卒業生が家族や友hと記忉|影をするなど別れを惜しんでいました? ○学長式辞の全文はこちら ○卒業者数はこちら ○本日の式典の様子は、YouTubeでライブ配信を行いました?  アーカイブ動甅Rこちらからご覧いただけます?  午前の部の様子はこち?  午後の部の様子はこち? 【本件問い合わせ先? R務M画部R務? TELQ?86-251-7004 2021-03-25 &#65374;ゟ냭ナがなんじゃQWIN&amp;WIN学生プロジェクトW??amp;#65374;「がんばろうQ岡大生」をテーマにしたモザイクアートが完成Q?/title> <link>http://www.kellieweeksart.com/tp/topix/topix_id592.html</link> <description> 新型ゟ냭ナウイルわV影響を受けた岡⼤たちへエールを贈るためのモザイクアヹ{「がんばろう|岡hΩ」が完成しました。本企画は、コロナがなんじゃ!WIN&amp;WIN 学生プロジェクトの第3弾として、宮本泰輔さん(法学部4q_が中h{なり企画。コロナで直接的な交流の場が激減し、学たちのW顔が減ってきているのではないかと懸cた宮本さんは、「学たちにW顔で過ごしてもらいたい」との思いから、学たちのW顔写真を募集し、モザイクアヹ{式で表現する企画を考えました?  そして、学だけでなく卒業や教職員からもW顔や思い出の写真が集まり、トヹ{ル約 1万枚の写真でモザイクアートが完成しました。これらの写真をiみ合わせて表現したのは、槇野博史学镗撮媄した時計収ͼ附属x棟Qの写真です。さらにそこへ岡h⼤学出qの著名hの斏Vからの写真とメッセヹ{も加え、縦90㎝×横180㎝のアートが完成しました?  3?2には、槇野学⻑、佐野寛理事への報告会を開催しました。報告会には、宮本さんのぅR、校友会R務委員の和直也さん(学?q_、全学教肌Ӄ学Ω援機構の中݋芳⼀准教授が同席しました。宮本さんは、「多くの写真を集めることに苦戦しました。しかし、校友会クラブの呹{かけにより、多くの学Ωから写真をあつめることができました。コロナの収束をうとともに学Ωたちが笑を取り戅Rきっかけになるなど、少しでも学たちのh{拠り所となればqいです」とゟ냡ミ냈。槇野学⻑は「良い作品に仕上がっている。ぜひ多くのの目の触れる場所に設|して、⼈々を元気づけるものになれば嬉しい」と話しました?  モザイクアートは今後、学位記授与式やh学式などで披露する予定です? 【本件お問い合わせ先? 全学教育d生支援機? 准教授 中山 芳一 TELQ?86-251-8562 </description> <dc:date>2021-03-23</dc:date> </item> <item rdf:about="http://www.kellieweeksart.com/tp/topix/topix_id591.html"> <title>異分野基C科学研I所Q理学部生物学科Q沈副所Pu教授が日本植物生理学会賞を受?/title> <link>http://www.kellieweeksart.com/tp/topix/topix_id591.html</link> <description> 日本植物生理学会賞の2021q度受賞者に、本学異分野基礎U学研究所の沈Z副所Pu教授が選ばれ?021q??5日に開催された第62回日本植物生理学会年会で授賞式と受賞演が行われました?  日本植物生理学会賞は、植物科学分野で際立った研究成果を挙げた、日本植物生理学会会員に与えられるもので、毎q?人の受賞者が選出されます。沈教授は、「光合成における水分解反応機構の解明」という業Dにより受賞しました。受賞講演で、沈教授はこれまでの研究成果を紹介し、光エネルギヹ{より水が分解され、水素イオンや分子状酸素が生成される様子を説明しました。また、今後のpについても話しました?  受賞を受け、沈教授は「大変名誉ある賞を受賞させていただき、これまで協力していただいた多くの共同研I者に感謝したい。今後も大きな研I成果が得られるよう努力したい」と話しています? 日本植物生理学会賞を受賞した沈教? 【本件問い合わせ先? 異分野基C科学研I所 副所镗教授 沈徏? TELQ?86-251-8502 </description> <dc:date>2021-03-16</dc:date> </item> <item rdf:about="http://www.kellieweeksart.com/tp/topix/topix_id589.html"> <title>学内のSDGszdを奨励する「SDGs推進表彎ͼPresident AwardQ」表彰式を挙?/title> <link>http://www.kellieweeksart.com/tp/topix/topix_id589.html</link> <description> 本学??0日、岡山大学SDGs推進表彎ͼPresident AwardQの表嘪式を늫五十周年a念で挙行しました。この推進表彰はSDGs推進本部が学内におけるSDGs推逌Ӂための取り組ѝ普及推逌Ӂるため創a。教肌Ӏ研I、職場環境改善、学生グループの4分野から取りiみを募集し?5件の甌の中から優秀?件、奨p12件のa?6件の取りiみを表彰しました?  優秀賞には、o学部の「SDGsを指向したグローカルな実践型地域連携教育プログラムの展開」、岡qクラわVー対{班QOCITQの「新型コロナウイルス感染症の感染防止寄及びクラわVー対{」、岡山大学TABLE FOR TWOの「TABLE FOR TWO」、SHARE&amp;CHILL!!の「ベトナムh技能実生に対する日本語学・文化交流zdの支援」を選びました。表彰式で槇野博史学镗、これまでの4q間の本学の取りiみを説明し、「SDGsが学内で普及し、受賞した各団体の活動がL剤となって、本学のSDGs達成に向けたzdの活性化につながることを期待します」とqべました?  表嘪式終了後、優U賞を受賞した4団体と学镗で懇談会を開催。槇野学镗高香代理事(企画・評価・R務担当Q、狩野光伸副理事QSDGs推進担当)らが参加し、受賞団体のzd内容や活動に臟끣たきっかけ、活動を通して感じていること、今後どのようにzdを広めていくかについて情׃換しました。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、オミ냩インでのイベミ냈開催など従来とは異なる活動を行ったという声が相次ぎ、新しいҎでのzd推逌ӂ模烦していることを共有し合いました。またそれぞれのzdの構成員にとどまらず、学内構成員や地域まで広めていきたいなど意見が交わされ、今後活動を逌ӂていくにあたり有意義な場となりました。狩野副理事は「岡山ならではの特色も大事にしつつ、皆さんの活動が全国に広がっていくようなzdになることをいます」とRめくくり、活動の輪が広がることに弗期待感をCしました?  今後も本学は、SDGs推進研I大学として、こうした学内におけるさまざまな取りiみを奨励することで、SDGs達成に向けた取りiみの一層の普及推逌Ӂ努めてまいります? ○表彰団体と取組概要はこちら 【本件問い合わせ先? SDGs推進本部(R務M画部C会連携Ԍ TELQ?86-251-8374</description> <dc:date>2021-03-12</dc:date> </item> <item rdf:about="http://www.kellieweeksart.com/tp/topix/topix_id590.html"> <title>W?回岡山大学「スヹ{ヹ{ローバル大学剉|支援事業」中間報告シミ냝ジウム SGU×SDGs Beyond2030をオミ냩イン開催 http://www.kellieweeksart.com/tp/topix/topix_id590.html  本学??日、『第2回岡山大学「スヹ{ヹ{ローバル大学剉|支援事業」中間報告シミ냝ジウム SGU×SDGs Beyond2030』をオンライミ끧開催しました。他大学関係者、企業関係者、学内教職員、本学学生、高校生の方々ら?00人が参加しました?  W一部では、文部科学省高等教育局の佐藤邦明主d学改革官d際企d镗あいさつ。本学が学長のリヹ{ヹ{ップのもと、グローバルなエミ낲ヹ{メントにi営戦略的に取りiんでいることや、派遣・受入ともに学生交が順調に増加しており、学生の成長の機会が増えていることについて述くVれ、SGU採択校として今後の更なる取りiみに期待している旨の発aがありました?  Eいて、槇野博史学镗、PRIMEプログラムの取りiみ状況やこれからの方向性について事業報告を行いました。今後、地域・世界と共に育てあい、共に創るという「共肌Ӄ共創」の学びを通して、ソヹ{ャルヅRミ냈レプレナヹ{ップに溢れ、次世代のリヹ{ヹ{して、世界でz躍する実践人を育成することを宣aしました?  演では、大阪大学大学院国際公共政策研究Uの星野俊也教授Q前国際連合日本政府代表部大ѝơ席帔R代表Qと大原術の大原一郎名誉館P人文知応援フォーラム代表Qがdしました。星野教授は「SDGsが目指す世界、大学ができる貢?amp;#65374;岡山大学への期待&#65374;」として、SDGsのエッセミ낹とは&#9312;変革QTransformationQの重要性?amp;#9313;「私たち」がMh公であること?amp;#9314;ローカライゼヹ{ョン、つまり地元のコミュニティで最適な選択肢を見出す視炏Vあり、SGU採択校としての本学の更なるSDGs展開を期待したいと述くVした。大原名誉館镗「E岡山d敷を語る]≒E日本M界を語るQ」として講演。岡山・倉敷を語ることは、いつの間にか日本・世界を語っていることであり、SDGsにとっても地元や世界とのつながりは重要だと指摘した上で、「これまでの日本の産業を作り上げているのが、歴双Ӂ中で生まれてきた知恵であるとすれば、これから日本の新しいSDGsを達成した社会を作るさまざまな知c日本中のDNAから生まれ育ち、岡山大学がそのために大きな力を発揮することを期待したい」とqべました?  W二部は、「大学の新たなM値と役割&#65374;エンれӃジメミ냈型大学経営へ向け?amp;#65374;」をテーマにパネルディスカッ゗ミ낒実施。横井篤文副学長Q特命(外戦略Q担当)ヅRネスゟ냁ェアホルダヹ{ファ゗テーѝを務め、SGU採択校でありSDGsを積늚に推逌Ӂている大学から学校法人立命館の伊坂忠夫副R長Q学生・入試M貫教育担当)Q立命館大学副学镗長岡技術科学大学の南口誠SDGs推進室镗械創造工学専L授、東京大学未来ビジョン研Iセミ낿ヹ{大竹暁特L授がパネリストとしてd。各大学の取り組ѝ成果の発表を受けて、第一部のd者も交えた活発な意見交換が繰り広げられました。狩野光伸副理事Q企甅R評Mȝ務担当(SDGs推ԌQ/外務大臣ơ席U学技術顧問によるまとめあいさつでは、SDGsとは同じ目当てについて違いをzRして逌ӂていること、また、我々は普段自分の知っていることに溢れた世界に住んでいるが、知らないことを見つけた時に、その解決に向かっていくことを「英雄の旅」に喩えơ世代の背中を押すメッセヹ{がありました?  W三部は、横井篤文一般社団法人One Young World Japan Committee理事Q岡山大学副学長Q特命(外戦略Q担当)ヅRネスゟ냁ェアホルダヹ{モデレートのもと、「地域と世界をつなぐơ世代のエンパワヹ{ミ냈とアクション&#65374;日本初開催となるOne Young World Summit 2022 ׃大会へ向けて&#65374;」をテーマに、One Young WorldゅR゗ミ낒実施。オヹ{ニングでは?90カ国以上の若者が集う世界最大のơ世代リヹ{ヹ{ミット「One Young World」のオフィシャルソング「Not So Different -One Young World Japan Version」のMVを放映しました。続いて、OYW Japan オフィシャルアーティわVで歌手のAIさんから、本゗ポジウムに向けて、世界中の国々の人達にそれほどの違いはなく、思いやりに溢れた世界にしたいという素cビデオメッセヹ{を受け取りました。その後、スピーカーとしてWorld Roadの市川太一共同代表QOYWアンバサダ|、World Roadの^原依文共同代表(OYWアンバサダ|、いろは出版代表の詩人きむさん、法学部4q生の松本颯太さん(OYWアンバサダ|が、世界中の国と地域から次世代リーダヹ{壎ͼVoiceQを一つにつないだ本を出版するOYW公式プロジェクト「World Dream Project」やOne Young World の経験、今後の夢(DreamQなどについて話しました。最後に、星野教授(前国連大使)から、「若い世代の皆さんにわVリット・夢が拡大再生産されており、このような素晴らしいアイデアを持っている若い世代の皆さんを待たせてはいけないと感じた。未来のはじまりは今日ここからであり、自分から行動することであるため、待つことなく活wして欲しい。そこには大学としての役剌ӂあると感じる」とのコメントをいただきました?  本学は本゗ポジウムの成果を今後の事業実施に反映させ、今後も学長のリヹ{ヹ{ップのもと、大学一丸となって「大学改革」や「国際化」に取りiんでいきます? AIさんのスペシャルメッゅR? ○当日のアーカイブ動甅R演資料{を掲載した特設ページはこち? Q参考> ○岡山大学スヹ{ヹ{ローバル大学剉|支援事業ウェブサイトはこちら ○第2回岡山大学「スヹ{ヹ{ローバル大学剉|支援事業」中間報告シミ냝ジウム SGU×SDGs Beyond2030イベミ냈案内はこちら 【本件問い合わせ先? R務M画部大学攚w推進課 TELQ?86-251-8998,7754 2021-03-12 һӰԺֻ߹ۿ-һӰԺ